ホーム>葬儀・法事

葬儀・法事

正因寺の法要について

正因寺では曹洞宗の教義に基づいた葬儀式・法要を執り行います。 
檀信徒に限らず、初めての方でも心を込めて対応させて頂きます。
 
先ずは正因寺にお電話にてご相談下さい。もしくはメールフォームよりお問い合わせ下さい。
 
斎場、葬儀会館、ご自宅等にも伺います。
正因寺本堂を利用することも可能です。
遠方でも都合の付く限り対応させて頂きます。 
 
 

葬儀の流れ

通 夜

 
亡き人を偲びお身柄に寄り添い最後の一夜を過ごす大切な行事です。
故人さまとの思い出、頂いたご縁に感謝する為の時間です。 
 

葬 儀  

 
亡き人をお釈迦様のお弟子様としてお迎えし、仏様の世界へ導く為の式です。
授戒(戒名授与)にて、お釈迦様がお示しになった戒律を示し、仏弟子としての証(血脈)を授けます。
この証を頂いて初めて仏様の世界へ旅立つことが出来ます。 
 

初 七 日  

 
亡くなられて四十九日間は中陰と呼ばれ七日ごとに生前の裁きを受けると伝えられています。
亡き人の旅路が無事であるように願い供養致します。 
 

御 布 施

 
本来のお布施は施主さまのお志によって決まるものですが、お布施の額に不安を感じている方が多いことと思います。
正因寺では、施主様とご相談、お話し合いの上決めさせていただきます。
 

満 中 陰(四十九日忌) 

 
中陰の期間を終え四十九日を迎えると亡き人は霊位から佛位に上がり晴れて正式な仏様として生まれ変わります。
それに併せて仮のお位牌から本位牌に魂を移し、仮の祭壇からご自宅のお仏壇に場所を移します。
また初めての仏様の場合はご自宅に新たな仏壇を設置致します。
またこの時期に併せてお遺骨を墓地等に納めます。 
 

位 牌・仏 壇 開 眼   

 
お位牌や新たに設置された仏壇に入魂する儀式です。 
 

納 骨(埋葬)   

 
安住の地としての墓地等に納める儀式です。 
 
※その後のお盆供養、お彼岸供養、年回忌法要等もお気軽にご相談下さい。
 

法 事

 
当山本堂をご利用いただけます。
ご自宅、墓前などご希望の場所での法要も承ります。
 
詳しくはお電話、もしくはメールフォームよりお問い合わせ下さい。